日本政策金融公庫の創業融資面談で聞かれる質問

日本金融政策公庫(以下、公庫)の融資担当者から面談で聞かれることについて、面談で聞かれる内容と質問の意図についてこちらの記事でまとめています。

お知らせ
弊所では会社創業後の経理や税金、借入れ支援に力を入れています!
もし、会社を設立したばかりで経理や税金対応にお困りでしたら公認会計士・税理士の守屋冬樹がサポートを承っております。
創業顧問サービスの詳細ページ

また、資金不足の解消策として創業支援プランをご契約のお客様限定で特別価格をご用意しています。
創業融資・借入れサービスの詳細ページ

面談で聞かれること

面談で質問される内容は基本的に創業計画書で書かれた内容や追加で提出することになる資料が中心となりますが、面談の際には融資担当者から代表者の個人的なことにまで質問が及ぶことがある点は事前に念頭においておくと、スムーズな対応ができます。

また、多くのことを聞かれるということは融資の申請に前向きな姿勢です。一つ一つの質問に真摯に対応していきましょう。

関連:

起業・創業の動機

まず質問されるのが

  • 起業や創業の動機

です。

起業・創業への熱意や目的の明確さ、創業計画書との整合性を確認することを意図としています。

代表者ご自身の言葉で行う事業への想いを話していただければと熱意は伝わるはずです。仕事への姿勢、前向きさ、経験、真面目さなど意識して融資担当者へ伝えましょう。

経営者の略歴

代表者の略歴については

  • 前職でどのようなポジションで、何をされていたのか?
  • 前職以前に何をしていたのか?

など質問されます。

創業の動機やビジネスに活かせる経験について探ることを意図としています。アピール出来ることがあれば、説明しておきましょう。

ビジネスについての質問

取扱商品とサービスについては

  • 何を誰に、いくらでどのように売るのか?
  • 販売単価や見込み客数
  • 協力者の有無やかかるコスト
  • 同業他社と比べて強み

など質問されます。

ビジネスモデルが具体化しているのか?成功する可能性が高いかを探ることを意図としています。

創業計画書や営業用資料、支払いの見積書などを提示しつつ説明できるように準備しておきましょう。

得意先や取引関係

得意先や取引関係については

  • 今後の見込み顧客の有無
  • 代金の回収期間と支払期間
  • 開業場所

など質問されます。

ビジネスモデルの具体性や合理性について探ることを意図としています。

顧客リストや潜在的な顧客リストがあれば印刷して面談に持っていくことが有効です。事務所を借りる際には仮契約書など用意しておき、契約条件は説明できるようにしておきましょう。

代表者の資金状況

代表者の資金状況については

  • 住宅や車、教育、カードローンなど毎年の返済額や残高
  • 家族構成
  • 会社であれば、想定している役員報酬額

など質問されます。

会社から支払われる役員報酬で生活が出来るのか?融資したお金が私的に使い込みされる可能性を探ることを意図としています。

自己資金

自己資金については

  • 自己資金をどのように貯めてきたのか?

が質問されます。

自己資金については外部に返済されるお金(見せ金)でないか探ることを意図しています。

融資担当者は過去の源泉徴収票や確定申告書、通帳なども確認しますので、偽りのない説明を心がけましょう。

融資条件

融資条件については

  • 融資の希望額と目的
  • 返済希望期間
  • 融資額が減額・失敗した場合どうするのか?

など質問されます。

意図に沿った融資の申請となっているのか、また経営者としての覚悟を確認するための質問となります。

公庫の新創業融資の場合、運転資金であれば返済期間は最長7年、通常据置期間はありません。なるべく長期間の返済とすると今後の資金繰りに余裕が生まれます。

また、融資額が減額・失敗した場合については経営者としての責任感や覚悟が問われるものとなっています。その回答は融資担当者が代表者に対してどのような印象を抱くのか大きな影響を与えます。

どのようにして資金難に対応するのか、ぜひ自身の身を削る発言で覚悟を示していただければと思います。

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
・期限後申告・無申告 個人向け会社向け
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
記事をご覧頂きありがとうございました。 もし良いなと思ったらいいねボタン押していただけると嬉しいです。