創業融資の面談での注意点

日本政策金融公庫(以下、公庫)の新創業融資の申し込みをすると、その次のステップとして融資担当者との面談の流れになります。

こちらの記事では公庫の融資面談での気をつけることを説明していきます。

お知らせ
弊所では会社創業後の経理や税金、借入れ支援に力を入れています!
もし、会社を設立したばかりで経理や税金対応にお困りでしたら公認会計士・税理士の守屋冬樹がサポートを承っております。
創業顧問サービスの詳細ページ

また、資金不足の解消策として創業支援プランをご契約のお客様限定で特別価格をご用意しています。
創業融資・借入れサービスの詳細ページ

融資面談の位置づけと行う理由

公庫の融資を申し込んだ際、融資担当者とのやりとりの流れをまとめると

  1. 融資の申込みをしてから、おおよそ1週間以後に面談。
  2. 面談の場所は通常は公庫の管轄支店(融資の申込みをした場所)。
  3. 面談の時間は1時間程で、提出済みの創業計画書をもとに質問に対応。
  4. 面談の終了後、1週間前後で融資の結果の連絡。

この面談の目的は代表者の方が信用できるのか、公庫の融資担当者が確認することを目的としています。創業融資は多額の取引ですから、直接合うことで人となりを確認されるのです。

仮に創業計画書の作成を専門家に依頼していたとしても、この面談は代表者の方が直接対応することになります。

面談の際の注意点

面談の際の注意点としては

  • 服装はスーツなどの正装で
  • 創業計画書と話す内容の整合性
  • 質問と答える内容に意識を向ける

といったことがあげられます。

服装はスーツなどの正装で

公庫の融資担当書は代表者の方が融資するにふさわしい経営者なのか、信用できる方なのか実際に会うことで確認しています。

話す内容や姿勢、対応も大事ですが、服装は無難にスーツなどの正装で行くことをおすすめします。服装からも誠意をもって対応していることを示し、ラフな格好では行かないようにしましょう。

創業計画書と話す内容の整合性

融資担当者は事前に提出されている創業計画書を見ながら面談を行います。そこで気をつけていただきたいのが創業計画書と代表者が話す内容の整合性についてです。

すべてご自身で作成されていれば問題はないのですが、別のスタッフや顧問税理士、公認会計士などが作成している場合には特に注意が必要です。

融資を引き出すための創業計画書は個々の内容がそれぞれ関連性を持って整合性が保たれています。代表者の方は事前に創業計画書を読み込んでおき、回答がちぐはぐにならないよう心がけておきましょう。

質問と答える内容に意識を向ける

融資担当者が聞いた質問には端的に答えるように意識しておきましょう。

返答が長くなると、質問の意図と外れた回答をしてしまうこともあります。また聞かれてもいない発言をきっかけに創業計画書との矛盾点が発覚してしまうことも…

余計な発言は控えてあくまで質問されたことに答えていきましょう。

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
記事をご覧頂きありがとうございました。 もし良いなと思ったらいいねボタン押していただけると嬉しいです。