最初に押さえておきたい損益計算書の読み方

『実は決算書を読めない』といったお悩みを抱えている経営者さまは意外と多いと感じています。

そこで今回の記事ではまず最初に押さえておきたい損益計算書(儲けを表す決算書)の読み方についてご紹介していきます。

経営者の方はまず損益計算書を読めた方が良い

主な決算書として損益計算書(儲けを示す書類)や貸借対照表(財政状態を示す書類)があり、そのどちらも読んで理解できるのが理想ですが、まず最初に押さえておきたい最も重要な決算書は損益計算書です。

その理由は損益計算書が読めるようになると『売上が最低限これぐらいあればお金は足りる』といった予測が出来るようになるためです。作れば売れるといった時代ではなくなっていますし、決算書を利用した予測をもとに経営判断を行っていくノウハウはより重要になっています。

損益計算書の作り

損益計算書は一年間の儲けを表す決算書です。損益計算書は一番上に売上があり、その次に売上原価、売上総利益、販管費、営業利益となっています。

主に経費と呼ばれるのは

  • 販売した商品代が含まれる売上原価
  • 役員報酬やオフィスの賃料など売上原価以外のもの販管費

ひと言に利益といっても売上に掛かった経費をどこまで差し引くのかによって名前が変化

  • 売上総利益は売上から売上原価まで
  • 営業利益は売上原価と販管費まで

を差し引いて計算することになっています。

営業利益がないと資金不足に

ここで押さえて欲しいのが営業利益がプラスとなっていないとお金が不足していくということ。

営業利益は名前の通り、営業をしてどれぐらい儲かっているかを表していて、もしプラスとなっていなければお金がなくなっていくことを意味します。

それはたとえ借入を成功していても同じ事で、一時的に資金の余裕が出来たとしても今後の返済が待っています。

借り入れの入金・支払いは売上、経費ではなく損益計算書には含まれていませんので、借入の返済分以上の営業利益がないとお金が足りなくなっていくきますから。

試験じゃないのだから正確さよりも計算のしやすさ優先

もし、自社の状況がどういう状況なのか分からない、分かるようになるたいとお悩みでしたら、ぜひ下記のリンクから幣所にご連絡いただければと思います。

決算書の読み方については専門に勉強をしないと知らなくて当たり前です。幣所では単発のご相談からそれ以外の形でも様々な形で対応できることもあるかと。

ご依頼をいただければこの記事を執筆した公認会計士・税理士の守屋が誠意をもって対応させていただきます。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
記事をご覧頂きありがとうございました。 もし良いなと思ったらいいねボタン押していただけると嬉しいです。