6月5日にマネーフォワードが料金改定、契約プランの自動変更に要注意

マネーフォワードクラウド(会計、確定申告、請求書、給与、マイナンバー、経費)について提供プランが2019年6月5日に変更。

主な影響としては

  • 会計や確定申告だけといった個別に契約できるプランが廃止
  • 自動的に新プランへ変更(年払いをしていても)
  • 既に支払い済みの利用料は新プランに充当される
  • 会社で契約している法人プランは新プランの高い方に切り替えられてしまう

といったことがあり注意が必要です。

個別で契約できるサービスプランが廃止された理由

マネーフォワードのサービスはこれまでマネーフォワード クラウド会計やマネーフォワード クラウド確定申告だけなど個々に利用することが出来ました。

しかし、複数のサービスを個別に契約すると料金が高くなることから、サービスの一本化。2019年6月5日からの新プランはマネーフォワードクラウドの提供するサービス(請求書、給与、マイナンバー、経費)もセットで提供する形とのことです。

(本当の理由としては人もお金もかけている会計や確定申告以外のサービスが伸び悩んでいるから、セットにして採算をとったというのが実情かと思いますが…)

新料金プランが自動でセットされる点に注意

その新プランの選択について、クレジットカードで契約している場合2019年6月5日に自動変更処理がされてしまいます。

個人向けの新プランは次の3つあり(以降、消費税抜きで説明)

  1. パーソナルライト(月額1,280円/年額一括払い11,760円)
  2. パーソナル(月額2,480円/年額一括払い23,760円)
  3. パーソナルプラス(年額一括払い35,760円)

このうちパーソナルライトプラン(月額払い)に自動で変更となります。

会社としてご利用されているユーザーは特に注意が必要で、新プランは次の2つあり

  1. スモールビジネス(月額3,980円/年額一括払い35,760円)
  2. ビジネス(月額5,980円/年額一括払い59,760円)

何故か会社の場合には高い方のビジネスプラン(月額払い)に自動で変更される形に!

単に経理の機能だけでいえばこれまで最安であったライトプランと同等の機能があるのがスモールビジネスプラン。

これまでライトプランを使っていた方は早々に契約プランをスモールビジネスに見直すのが良いかと。(いずれにしろ割高となりますが、ビジネスプランよりかは安いので…)

変更の仕方について下記マネーフォワードのリンクをご参照いただければと。

年額一括で支払い済みの未経過分は新プランに充当される形に

なお、以前のプランで年額一括で支払っていたとしても一律にプランが変更、既に支払済みの代金のうち未経過期間分については新プランに充当されることになります。

自身としては代金を支払い済みでも一律でプラン変更をされてしまうのは強引な印象をぬぐえません。ユーザー目線での経営判断であれば契約期間が終わってから順次新プランへ移行することも出来たはずですからね。

マネーフォワードの実質値上げに思うこと

単に経理ソフトとしてマネーフォワードを利用していた場合、個人ですと年額コストが8,800円から11,760円で約3割値上げ、会社ですと年額21,780円から35,760円で約6割の大幅値上げ。

マネーフォワードを導入されている顧問先のお客さまにはこの料金改定について事前にアナウンスを行ったのですが、その際に感じていたのはサービスの提供会社の周知不足。

料金改定内容が分かりにくく把握できていなった方も多く、こういった対応に追われない安心感という意味では買い切りの会計ソフトの良さを再確認することに。

会計ソフトについてはそれぞれ違いがあり、必ずしもCMに力を入れているから良いサービスという訳ではありませんし、例え便利なサービスでも使わない機能なら余計なコストを負担する必要はありません。

幣所ではITに強く会計ソフトの導入や変更のスポットでのご相談にも対応しております。もしご検討中でしたら下記の個別相談のリンクよりご連絡くださいませ。

会計ソフト会社から一切紹介料はもらっていないので、ご相談内容からよりお客さまにあった会計ソフトや使いやすい方法などご提案させていただきます。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
記事をご覧頂きありがとうございました。 もし良いなと思ったらいいねボタン押していただけると嬉しいです。