会社顧問契約

会計事務所に顧問を依頼しても、担当者は税理士でない無資格者であることが多いです。弊所では公認会計士・税理士である守屋が直接担当しております。

顧問税理士をどう選べば良いのか?

顧問税理士を探される場合、主に次の方法で探されるのが一般的です。

  • ネットで調べる
  • 知人の紹介
  • 税理士紹介サービスを利用

このうち、私は判断基準を決めた上でご自身でネットで探されることをおすすめします。

税理士の探し方別メリット・デメリット

知人からの紹介ですと、依頼したい業務に強い税理士か分かりませんし、税理士紹介会社を通すと税理士は多額の手数料を支払うことになるため、実際のサービス内容は報酬に比べて割高となってしまいます。

税理士・会計事務所とひとくくりにしがちですが、その業務範囲は幅広く事務所の得意とする分野は異なるもの。

例えば弊所であればひと前で話すこと、執筆など書く仕事、事業に関する経理と税金対応を得意としていますが、相続案件や外国語での対応は苦手としています。

一般的な会計事務所であればホームページなどで業務内容をきちんと情報提供がされているもの。

  • どのような税理士が対応してくれるのか?
  • きちんと求めるサービス内容があるのか?
  • サービスの料金が明確となっているか?

という観点で税理士を探すことをおすすめしていますし、そういった視点から弊所にお声がけいただければ全力で対応させていただきます。

顧問契約のサービス内容

サービス内容としては税理士・公認会計士の守屋冬樹がメール相談や、定期的な打ち合わせ、年末調整や決算申告対応を行います。

定期的な打ち合わせ

顧問となった後は定期的にお客様との打ち合わせを行います。

主な内容としては

  • お客様からの質問対応
  • 新たな取引、状況の変化の確認
  • 経理処理や資料の確認
  • 経理面から見た状況の説明
  • 融資申請時のサポート
  • 源泉所得税の納付支援
  • 事前の税金支払いのアナウンス

など

頻度はご契約の年間打ち合わせ回数に応じ、説明はそれぞれのお客様に合わせ対応をしています。専門用語で煙にまくことはありませんのでご安心下さい。

※打ち合わせ場所はお客様のオフィスやご指定の場所、荻窪駅周辺のカフェなどとなります。

年末調整や決算申告対応

年末調整や決算申告対応としては各種税務書類の提出を中心に行います。

主な内容としては

  • 年末調整の実施
  • 償却資産税の申告
  • 決算申告についての打ち合わせ
  • 税金の支払い見込み額のご連絡
  • 各種申告書の提出

お客様としては遺書に税金の申告などの依頼することで税務対応を終えられます。

また決算時に打ち合わせをすることで、税金の申告時に慌てる必要はなくなり、節税対策も行うことが可能となります。

顧問契約の効果

弊所と顧問契約を結ばれると

  • 定期的に税理士と打ち合わせが行える
  • 定期的な打ち合わせ以外でも税理士に連絡がとれる
  • 不安なことは税理士に質問できる
  • 資金繰りの予測が出来る
  • 正しい節税知識が得られる
  • 税務署からの連絡に不安でなくなる

という効果が見込まれます。税金や経理について漠然とした不安感は解消できることをお約束いたします。

料金について

弊所の会社顧問サービスは料金体系を会社の規模と訪問頻度によって決定。

内容としては

  • 月額顧問料
  • 決算報酬
  • その他料金

の3つで構成されています。

月額顧問料とは

顧問業務としては試算表の作成、経営その他各種相談に応じさせていただきます。会社の規模に応じて料金を定めており、弊所では前年の売上金額(創業時は見込み売り上げ)によって決めています。

なお、報酬については顧問料発生は契約日の翌月から発生、通常「毎月定額を前月末にお支払い」となります。

決算報酬とは

一年間の経理資料から、法人税や所得税、消費税や地方税の確定申告書を作成する業務を行います。
他の会計事務所によっては月次顧問業務の報酬に含めてしまい、この報酬を請求しないところもありますが、弊所では別途請求させていただいております。

その他料金とは

社長個人の確定申告書について提出する際の申告業務や税務調査などのスポット業務などは別途報酬をいただいております。
下記に料金を明示している以外のものは個別にお見積もりとなる点はご留意ください。

料金表

料金表は訪問回数が毎月か三ヶ月ごとかにより下記のよう設定しております。(2018年10月8日改定、消費税込)

■毎月ご訪問させていただく場合の月額顧問料および決算報酬

■三ヶ月ごとのご訪問での月額顧問料および決算報酬

※原則として会計ソフトへの入力はお客様にお願いしております。
※弥生会計、会計王、freee・マネーフォワード クラウド会計、その他会計ソフトに対応しています。
※年取引金額の判定については、最初の契約時には直前期、その後は毎決算期毎に判定させていただきます。
なお開業初年度の方は見込みの年間金額(一か月の売上×12)から推定して判定。
※年間売上高1,000万円超の方でも、消費税申告がある場合には消費税の決算報酬43,200円が発生します。

■その他料金

その他報酬として以下が料金が発生、別途ご請求させていただく一例となります。

  • 年末調整・源泉徴収票の作成 1人あたり4,320円
  • 税務調査立ち会い 1日 54,000円
  • 所得税確定申告 1件 27,000円(不動産取引、株の売買などあれば別途見積)
  • 株式の評価算定、社内承認資料の作成支援 別途見積もり
  • 相続の申告対応 別途見積もり

対象者

こちらのプランは次のようなニーズやお悩みがある会社経営者の方向けのサービスとなります。

  • 税理士本人に担当して欲しい
  • 若い税理士に依頼したい(代表である守屋冬樹は現在32歳)
  • 荻窪や杉並区、中央線沿線での税理士を探している
  • 現在の税理士と合わないと感じている
  • 節税などアドバイスがほしい
  • 経理処理はできるけど合っているか不安
  • 決算や申告、資金繰りに不安を抱いている
  • クラウド(Googleドライブ、Dropboxなど)やパソコンに明るい税理士を探している

お申し込みの流れ

お手数お掛け致しますが、お申し込みは、下記よりお願いいたします。

  1. お申し込みフォームに、お名前、メールアドレス等をご入力ください。
  2. メール確認後、1営業日以内にご返信差し上げます。その際には無料の初回相談を行うため場所や時間、内容についての確認などご連絡をさせていただきます。

スケジュールについて

お申し込みをしていただきやすいようスケジュールを公開しております。予定が入っている時間帯以外の日時をご指定ください。

※:午前はタスク処理に当てているため、月曜日~土曜日の14時~18時スタートでお願いしております。
※:カレンダー左上に表示されている ▷マークを押すと翌週以降の確認が可能となっております。

ご用意していただきたいもの

ご用意いただきたいものは次の資料となります。
この全てが揃っていなくともお見積もりは可能ですので、お見せいただけるものをご用意いただければと思います。

  • 過去の決算書、申告書(過去3年分)
  • 税務署に提出したこれまでの届出書
  • 税務署からの郵便物(申告書など)
  • 一年分の預金明細(通帳)
  • 売上と仕入れ・経費資料(売上の管理資料や請求書、領収書など)
  • 会社名義のクレジットカード利用明細
  • 各種契約書
  • その他(借入返済明細、棚卸資料、給与台帳など)

お申込みフォーム

お申し込みは特に期限等はございませんが、相談希望日の2日前ぐらいまでを目処にお送りいただければと存じます。

お申し込みのタイミングにより、新たなスケジュールが入ってしまった場合などご希望に添えない場合にはお申し込み後のメールにて調整させていたくこともございます。

※:ご入力いただいたメールアドレスへ入力内容のコピーを自動送信しております。
少し待ってもコピーが届かない場合はメールアドレスの入力ミスが考えられますので、迷惑メールフォルダもご確認のうえ、再度のご送信をお願い申し上げます。