決算だけの単発業務 顧問以外のサービス提供をしている理由

顧問料について出来れば安く済ませたいというニーズは少なからずあるものです。

  • 毎月の顧問料を負担せず申告まで終えられたら
  • 自社で日々の経理が出来るので決算・申告までだけやって貰えたら
  • それほど相談することはないから、安くして欲しい
  • 継続した顧問契約よりも単発で依頼したい
  • 決算日が過ぎているけれど税理士がいない

そういった会社向けのサービスとして決算のみのスポット対応をお引き受けしています。

決算のみスポットサービスを提供している理由

ご覧いただきありがとうございます。杉並区荻窪の税理士・公認会計士 守屋冬樹です。

弊所では顧問以外の比較的短期間の単発でのご依頼もお引き受けしており、今回は決算のみの単発業務についてサービス提供を提供している理由についてお伝えしていきます。

税理士報酬の相場

税理士の顧問報酬の相場は会社の規模と仕事量によって変わってきます。

中小企業に限っていえば月々の顧問料が1万5千円〜6万円前後、それに決算料が月額顧問料の4〜6ヶ月分というのが一般的となっています。

ネットで検索してみるとさらに安く月額顧問料が1万円と書かれているところがありますが、売上規模が小さい場合や、創業したばかり別途オプションが掛かってしまうなど例外的なケースしか該当しません。

そのため営業をしている中小企業であれば顧問税理士に対しての報酬は年間50万円以上となるのが一般的で、特に赤字となってしまうことが多い中小企業では税理士報酬が負担となってしまっていることもあるのです。

そこでコストパフォーマンスの良いサービスプランとして決算のみのスポット業務をご用意したのです。

税理士に頼んでコスパがいいのは決算・申告

税理士に顧問契約を結ぶと依頼できる業務は

  1. 訪問対応
  2. 経理入力
  3. 給与計算
  4. 決算・申告
  5. 年末調整

の5つですが、そのうち多くの会社にとって依頼する必要性が高い業務は決算・申告だと思っています。

経理というと専門的に勉強していないと対応できないイメージもありますが、現在はパソコンをある程度使える方であれば日所的な取引は一定のパターンで対処可能なものばかりです。

また、給与計算と年末調整についてはシンプルな給与形態であれば社内でも対応できる範囲ですし、業績が安定していて融資の可能性が低いのであれば相談することも少ないというのも実情であったりします。

監査で身につけた検証スキル

自分が元々監査法人で自分以外の方が作成した決算書をチェックしていたことも決算のみのサービスを提供するきっかけになっています。

クライアントの出資先に一日〜二日だけ伺ってお話や資料をお借りして過去の決算書を検証、修正箇所を発見することなどを得意にしていたのです。

流石に100%の精度を求められると対応が難しいですが、資料があり日々の経理がきちんとされていれば最短1週間で申告書の提出まで終えることができます。

まとめ

決算のみの単発業務は顧問を依頼するよりも格安で決算と申告を終えることが可能になっています。自社で行うことも増えてしまいますが、コストパフォーマンスをより重視したいのであれば是非ご相談いただければと思います。

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
記事をご覧頂きありがとうございました。 もし良いなと思ったらいいねボタン押していただけると嬉しいです。