「所得税の青色申告承認申請書」の書き方と、楽な提出の方法

個人事業を白色申告をしている方向けに平成27年から青色申告をするための「所得税の青色申告承認申請書」の書き方、提出の方法について今回解説していきます。

青色申告承認申請書の書き方

申請書の記入例

ご覧いただきありがとうございます。杉並区荻窪の税理士・公認会計士 守屋冬樹です。

今回、フリーでミュージシャンをしている方を想定して記載例を用意しました。

こちらを参考に各項目についてどう書くのか説明していきます。

なお、申請書自体は国税庁のホームページのこちらから入手出来るようになっています。税務署に行かなくても手に入りますのでご安心ください。

スクリーンショット 2015-03-06 20.45.47

どこの税務署長宛なのか、日付は?

今まで確定申告をしていた方は、今までの提出先の税務署長宛になります。
管轄の税務署がわからない方はこちらから確認することが出来ます。

同じ市や区であっても管轄が分かれていることがあるので注意して確認おきましょう。

日付については提出した日を記入します。

納税地の記入

納税地は自宅の住所を書くのが一般的です。

事務所やお店など別の決まった場所で事業をされている場合には
一つ下の欄、「上記以外の住所地・事務所等」に書いておきましょう。

氏名、生年月日、職業、屋号

まず、ご自身の氏名と生年月日を書きます。

職業と屋号については今まで白色申告の方は過去に収支報告書に書いていたものを記入します。

なお、記載例では職業をミュージシャンと記入しましたが、他にも音楽家、演奏家、歌手、作曲家などでもよく。
自分以外が見て分かる内容であれば大丈夫です。

屋号については特に決めていなければ空欄で構いません。

1 事業所又は所得の基因となる資産の名称及びその所在地

事務所やお店など別の決まった場所がある場合にはこちらに記入します。
名称には 事務所や店舗の名前、所在地はその住所を書きましょう。

2 所得の種類

事業所得にマルをつけましょう。

3 いままでに青色申告承認の取消しを受けたこと又は取りやめをしたことの有無

はじめて青色申告を申請する方は 無 にマルをつけます。

また、過去に青色申告の取り消し・取りやめなどがあった場合には、その決定日を記入します。
その場合にはその決定日から一年後まで青色申告の承認申請は出来ません。

4 本年1月16日以後新たに業務を開始した場合その開始した年月日

関係ないので未記入のままで大丈夫です。

5 相続による事業承継の有無

通常は関係がないので 無 にマルをつけます。

6 その他参考事項

(1)簿記方式
複式簿記にマルをつけます。 複式簿記を選ぶことで青色申告特別控除が65万円控除になります。

(2)備付帳簿名
総勘定元帳・仕訳帳は必須になります、その二つは必ずマルをします。
それ以外の項目は必要に応じて作ることになるので必ずしも必要ではありません。

今回の記入例ではシンプルに、売掛帳、買掛帳、固定資産台帳、預金出納帳のみマルをつけています。

所得税の青色申告承認申請書の楽な出し方

出し方は①税務署に直接持っていく、②管轄の税務署に郵送、③e-Taxで送信と
3パターンがありますが、今回は事前準備の手間が少なく提出が楽な②管轄の税務署に郵送するパターンについて説明します。

税務署に送るものは以下のもの

  • 申請書を記入、コピーをとり2部(1部は控え用です。)
  • 切手を貼り付けた返信用封筒

送る用の封筒には「所得税の青色申告承認申請書在中」と書いておき、管轄の税務署長宛に郵送しましょう。

特段問題がなければ後日、申請書の控えとともに返信用封筒が送られてきます。

あとがき、今年開業以外の方は提出期限に注意

以上で説明はおしまいです。
平成27年から青色申告に変えるには平成27年3月16日中までに提出することが必要になります。
少しでも遅れてしまうとまた一年、申請することができません。

残りの日数は少ないですが期日に気をつけて申請が済むことを願っています。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
昨日は夜中に六本木でやっていたGOOD ON THE REELの
ワンマンライヴに行ってきました!

1月から続くツアーのファイナルでダブルアンコールまで見れました。
感無量です!

【昨日の一日一新】

3/5 GOOD ON THE REEL ワンマンライヴ

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
記事をご覧頂きありがとうございました。 もし良いなと思ったらいいねボタン押していただけると嬉しいです。