収入印紙と印紙税の基本 現金取引を減らし、契約書のペーパーレス化が進めば節税出来る

収入印紙を貼る必要がある書類かどうか、起業や創業をされた方からよく質問されることがあります。

こそで今回は収入印紙と印紙税の基本的な取り扱いと、節税方法についてご紹介します。

印紙税・収入印紙とは

そもそも印紙税はお金のやり取りに関わる特定の書類に掛かる税金です。主に印紙税が掛かかるものには領収書や契約書があり、それらの書類を作成したときには印紙税を納める必要があります。

領収書や契約書に貼り付けることは収入印紙によって印紙税を納めることになり、収入印紙代は経費として計上可能で、勘定科目は租税公課となります。

そして、領収書の印紙税はお金を受け渡しした金額に応じて次のように決められていて、受取金額が5万円を超えるものから納税が必要となりますが、所得税や法人税、消費税のような確定申告の必要はありません。

収入印紙を領収書や契約書に貼り付け、割り印を押すことで再利用を出来なくしたことで納税をすることになります。

収入印紙を購入できるのは郵便局やコンビニ、法務局、金券ショップなどで販売させています。

印紙税が掛かる、収入印紙の貼り付けが必要な書類

印紙税が掛かるのは印紙税法で決められた20種類の文書となります。主なものとしては契約書や手形、有価証券、定款、保険証券、信用状、領収書、判取帳など。

逆に印紙税が掛からない、収入印紙の貼り付けが不要な書類の代表例としては請求書や見積書です。

発行する領収書に貼る収入印紙の金額は?

発行する機会の多い領収書に貼る収入印紙の金額は貰ったお金の金額によって変化していきます。ただ、5万円未満であれば収入印紙は貼り付ける必要はなく、5万円以上となったら200円の印紙が必要と押さえておけば十分かと。

銀行取引やクレジットカード決済で収入印紙代を節約する

また、領収書は現金で受け取った際に作成するため、取引の際には現金のやりとりを減らす方向性にしておくと余計な収入印紙代の節約に繋がります。

  • 銀行入金にして貰い振込記録を領収書の代わりとする
  • クレジットカード決済に対応する(現金払いでないため、領収書に収入印紙は不要)

など現金払い以外で代金を支払って貰えるようにしておきましょう。

関連:

収入印紙を貼り忘れている領収書と契約書の取り扱い

収入印紙を貼り忘れてい領収書や契約書についての取り扱いは、収入印紙がなかったとしてもその書類が有効となります。

収入印紙の貼り忘れていたとしても領収書でも経費として処理できますし、契約書もなかったことにはならないのです。

ただし、収入印紙を貼り漏れている契約書などがあれば印紙税の納付漏れとなるので、税務調査が入り、そこで印紙の貼り忘れが見つかると本来負担すべき税額にプラスしてペナルティとして2倍の金額が罰金として掛かることになる点は注意しておきましょう。

なお、収入印紙を貼っていても割り印を忘れていた場合には、印紙の額と同額が罰金として掛かることになります。

メールやPDFのデジタル文書に印紙税はかからない 紙が印紙税の対象

次に契約や領収書についてメールやPDFのやり取りなど行ったケースです。

実は印紙税が掛かる対象はあくまで紙文書が前提となるためデータが原本であれば紙文書は作成されていないため印紙税はかかりません。

最近では契約書や領収書などデジタル文書で作成するサービスがあり、印紙税を節約することが可能です。

弊所でも契約書のデジタル文書化にクラウドサインというサービスを実際に利用していて、

  • 印紙代の節約
  • 契約書の製本や郵送の手間とコスト

が減ったため事務負担が減っています。

人手が足りない小規模な会社や個人事業主を中心に、今後ペーパーレス化が一般化するのではないでしょうか。

まとめ

収入印紙や印紙税はビジネスで取り交わす文書で関わる税金です。

収入印紙や印紙税は判断が難しい部分もあります。まずは領収書に関わる印紙税を中心に基本的なことを知っておいていただき、実務の中で不明なことがあった際には弁護士や税理士、税務署などに確認をしておきましょう。

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
・期限後申告・無申告 個人向け会社向け
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
記事をご覧頂きありがとうございました。 もし良いなと思ったらいいねボタン押していただけると嬉しいです。