税務調査で顧問税理士がまさかの対応、顧問の意味を考えてみて

顧問税理士には税務調査をスムーズに対処できるようにすること、もしもの時の備えという役割があります。

お客さまが困った時こそ力になりたいと思いますし、可能な限りそう出来るようにと業務の調整を行っています。

『確定申告なので税務調査に対応できません。』と対応する顧問税理士

確定申告時期になると思い出すのが、税務調査の申し入れがあった際に顧問税理士から「確定申告で忙しいから、対応できない」と顧問税理士を抜きに税務調査に突入したというお話。

そのことを聞いたとき、私の率直な感想としてはありえない対応では?というもの。

顧問先のお客さまに起こる突発的な業務に備えておく意味で、確定申告時期だとしても仕事を増やし過ぎないように調整しておくことも、顧問としての仕事です。

会計事務所の一般的な繁忙期として2月~3月にかけての確定申告時期がありますが、顧問先のお客さまに「確定申告で忙しいから、対応できません」なんて言葉をいうことがあるのだろうか?と。

個人の確定申告の期限は毎年3月15日なのだから、そのことを見据えたうえで顧問先のお客さまに突発的なトラブルにも対処できるように事務所運営しておくことも顧問税理士の仕事の一環です。

それにもし、どうしても予定が付かないなら別日にずらしてもらうことも可能でしょうし、そういった対応であればお客さま信用を失って当然だと思うので。

お客さまが困ったときこそ力になるのが顧問税理士の役割

顧問税理士の役割について私が考えているのはお客さまと継続的に接する中で、突発的に起こる税務調査などの困りごとの際に支えになることです。

顧問税理士であればお客さまを経理処理を理解したうえで、お客様に余計な心配や利益を生じさせないようにと配慮。何かお客さまにあれば土日や夜間を問わず対応できるよう心の準備はしているつもりでいます。

契約内容にもよって相談対応よりも作業的な割合が多いケースもあるでしょうが、継続的な顧問契約を結ぶのはそういった期待があってのことではないかと…

担当が変わっても根本的な解決にならない

もし、顧問契約をしている会計事務所が担当者を変えてくれたとしても、残念ながら、ご契約されている会計事務所の環境はどの担当者であっても同じこと、結局は同じような不満を抱いてしまうことが想像できてしまいます。

確定申告時期は顧問先のお客さまが困っていることよりも、担当者自身が割り振られた確定申告案件を終わられないと帰れないといった環境であったりするはずなので。

顧問先のお客さまを大切に出来るように

幣所ではお客さまの件数や雇っている従業員数などの規模を追わず、お客さまひとりひとりを大切に出来るようにと業務を行っています。そういった方針もあって客さまとのやりとりは所長である私、守屋冬樹が直接担当させていただいております。

私の考えは顧問のお客さまに対し「○○で忙しいから、対応できません」というようなことはあってはならないようにと、可能な限り業務を特定時期に集中することは避けています。

それこそ確定申告と重なる12月決算の業務は新規のお客さまのお引き受けはできないとホームページに書くこともあるぐらいです(新たなお客さまとの出会う機会を失っていうこともありますが…やむなしでは?と思っています)

継続的な顧問契約はもちろんのこと、単発では個別相談や決算申告のみからご依頼いただくサービスプランを用意しておりますので、もし税理士を変更したいといった際にはご連絡ください。

自身ひとりで対応させていただいているため、多くのお客さまを関与させていただくことは難しいですが、ご依頼いただければお客さまのことを考え誠意をもって対応させていただきますので。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
記事をご覧頂きありがとうございました。 もし良いなと思ったらいいねボタン押していただけると嬉しいです。