事務所方針

ご覧いただきありがとうございます。税理士・公認会計士の守屋冬樹です。

こちらのページでは守屋冬樹税理士事務所の運営方針、私が仕事をする上で大切にしているスタンスについて

  1. お客さまに目を向けた対応
  2. 時代やニーズの変化に対応
  3. 信頼関係を大切にした対応

の、3つの視点からご紹介させていただきます。

お客様に目を向けた対応

公認会計士・税理士である守屋冬樹が直接担当

お客さまの対応は公認会計士・税理士である守屋冬樹自身が行っております。そのため担当者の変更や無資格の担当者が対応することはございませんのでご安心ください。

幣所の運営はいわゆるひとり会計事務所です。従業員を雇えばより多くのお客さまと関わることが出来るかもしれませんが、事務所自体の管理業務の比重が増えてしまいお客さまに向ける意識は希薄になってしまいます。

そこで得意とするITを使った業務自動化やネットサービスを組み合わせる形で業務運営、私の意識をお客さまへと向けられるように業務の流れを作り上げています。

無料の相談は行っていないため「守屋冬樹がどういった人なのかわからなくて不安」でしたら自身が運営しているブログを、仕事の専門性を確かめる場合にはホームページの税金や経理記事をご覧ください。

文章力の拙さから「会ってみるまでもっときつい印象だと思ってました」と言われてしまうこともありますが、700を超える記事すべてを自身の言葉で書いておりますのである程度は参考になるはずです。

関連:

普段の相談はメール対応、定期的な打合わせではお話をじっくり伺い、分かりやすくお伝えします

契約に応じて対面でのやりとりが可能な回数は違いはありますが、お客様の不安に思っていることをキャッチアップした対応を心がけている点については違いはもうけていません。

お仕事の状況や経理面のお悩みを伺って、経理や税金面への影響なども早い段階で検討・対処させていただきます。

お客さまに合わせて必要なことをどうすれば分かりやすく伝えられるのか?伝えるタイミングや順番、お見せする資料作成にも意識を向けて対応しています。

ちなみに一点ご了承いただきたいことはお客さまのご対応について私自身が行うため、定期的な打ち合わせや込み入ったご相談以外では基本的にメールでの対応となること。メール受信の翌営業日にはご返信さていただきますので、臨時の打合わせやお電話は緊急時のみとさせていただきます。

関連:

時代やニーズの変化に対応

お客様のバックオフィス対応に掛けるコストと時間を最小化

お客さまの事務対応に役立ちそうなサービスについては事務所の業務に取り入れてバックオフィスのために掛けるコストや時間を出来る限り少なく出来るように対応しています。

こちらのページを更新した2019年3月22日現在ですと

  • 打合わせのハードルを下げるためにスケジュール情報を公開
  • 対面の抵抗感を軽減するためのスカイプでの打合わせ
  • 資料のやりとりを減らすためGoogleドライブでの情報を共有化
  • 入出金の記録の手間を減らすGoogleスプレッドシートを活用

などはお客さまとのやりとりに導入、目に触れる形となっています。

不必要な打ち合わせや紙資料のやりとりを減らすことで、税金の見込みの迅速な情報提供の提供など価値あるサービス提供を行っています。

顧問契約以外の決算だけ、個別相談、執筆やセミナー依頼も可能

税理士への依頼は顧問契約をすることが一般的ですが、お客さまのニーズは様々です。

そのため弊所では

日常的な税金対応は自身で出来ていたり普段は相談することがなく決算や申告をお願いしたいケースには:会社の決算と申告のみのご依頼

単発で相談したいことがあるケースには個別相談

その他執筆やセミナーなど、ご依頼も承れるように柔軟なサービスラインを用意しています。

信頼関係を大切にした対応

信頼を失うような行動や対応をとりません

会計事務所の仕事では、お客さまのお金に関わるご相談や資料などを見せていただくことになります。そういったことが行えるのはお客さまからの信頼があってこそのもの。

そのためお客さまから信頼を失うような行動や対応はしないように気を付けております。

脱税や粉飾のための資料のねつ造やウソの説明は行わないでください

お客さまからお預かりする資料がねつ造されたものであったり、脱税のためにウソの説明をされてしまうと以後関与することが出来なくなってしまいます。

脱税や粉飾は長期的に見た場合には絶対にマイナスです。一度失った社会的な信用を取り戻すのは難しく、事業を長く継続して欲しいとの想いから絶対に脱税や粉飾は行わないようにとお伝えしています。