疑わしいと感じる貸借対照表の間違いとその原因

根拠資料を見なくとも、このあたりは間違っているのでは?と、疑わしいと感じることがあります。

そこで今回は貸借対照表について数字をざっと目を通すだけでも間違っているのでは?と感じてしまう内容について記事にしていきます。

勘定科目がマイナス金額

まず間違いとして疑わしいと判断するのが勘定科目の金額がマイナス金額となっているケースです。

引当金や減価償却累計額などマイナスをする意味する勘定科目であれば問題はないのですが、現金や預金、売掛金などの科目でマイナスとなっている際には処理の間違いを疑います。

決算時に仮払金・仮受金が残っている状態

仮払金や仮受金の勘定については支払いや入金があったものの、どの科目にするのか分からないため仮の処理のために使われます。

他の勘定科目に付け替えるべきものが、仮の状態のまま決算時に残してはなりません。その内容がどのような理由で計上されていたのか把握して、あるべき勘定科目に修正する必要があります。

昨年と同じ金額のままの勘定科目

昨年と同じ金額のままの勘定科目についても疑わしいです。出資金など滅多に動きのないものであれば自然なのですが、日常的に使われる棚卸資産など昨年と同じ金額となっていれば、在庫の棚卸しした内容を処理されていないといったことも想定されます。

あとがき

経理については処理が終わった後にチェックすることを行うことが大切です。意外かもしれませんが、処理漏れや間違いがポロポロと見つかることもありますよ。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

iPhone SEを購入するため
Apple Storeアプリをダウンロード

買い換え準備進めております。

【昨日の一日一新】

Apple Storeアプリを使う

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
記事をご覧頂きありがとうございました。 もし良いなと思ったらいいねボタン押していただけると嬉しいです。