事業用(仕事)とプライベートを分けずに支払い、領収書がなくてもレシートだけで経費にできる

ABOUTこの記事をかいた人

公認会計士・税理士 守屋 冬樹【小規模会社や個人事業主を支援】

家族経営やひとり会社などの小規模な会社経営者さま、フリーランスのお客さまを対象に単発での相談や決算申告のみから対応することに力を入れています。
 詳細プロフィール
 サービス一覧
 私的なプログ

先日のこと、コンビニで仕事用のペンとプライベートな朝食を一緒に買いました。レシートは一枚にまとまっていますし、領収書を貰っていなくとも仕事用に掛かった支払いはきちんと経費に出来ます。

レシートは仕事の支払いとプライべートのものがまとまっていたら、領収書がなければ経費にできないと勘違いしている個人事業主の方も多いのではないでしょうか?

プライベートな支払いに不都合がなければ会計を二回に分ける必要なし

まず伝えたいのが事業用とプライベートの支払いが一緒になったレシートは経費の根拠資料として利用できるということ。
プライベートの支払い部分を消しておけば残った部分が事業のために使った支払いだと分かります。

今回は次の写真の様にプライベートな支払い(自分の朝食でした)を消し、残ったペンの80円部分は事務用品費として処理しています。

A069D097 D93A 4F68 A95F CF37AE490966

ちなみに、このやり方はプライベートの支払いが分かるレシートを経理資料として残すことを前提にしています。もしプライベートの支払いが分かる部分を残しておきたくないという方は、きちんと店員さんに会計を分けて貰う様にお願いしておきましょう。

領収書はなくても良い?レシートで充分な理由

そもそも領収書は英語に翻訳するとReceipt(レシート)ですし、最近のレシートはレジで『どこで、いつ、いくら、何を買ったのか』が印字され分かるものが一般的です。

そのため経理資料の証拠力としては手書きの領収書よりレシートの方が強いです。

店員さんに領収書を書いてもらうのは面倒ですし、今回のケースでは事業用の商品だけの領収書を貰う必要はありませんよ。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
四谷天窓で開催された 第5回ドキ生アコースティック、
ちいさいossan is alive vol.6 を見に行きました。

イベントのMCでオトノイエをご紹介頂き、恐縮しきりの1日。
決意を新たに頑張ります!

【週末・休日の一日一新】

8/21 withingsサポートへ問い合わせ
8/22 風雅なおとさんのライブ
8/23 Peatixのアカウント登録

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
こちらの記事を書いた守屋は東京都の杉並区荻窪で会計事務所を営んでいます。
下記は現在受付をしているサービス一覧となりますので、ご入用の際には是非ご連絡いただければと思います。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査、IT、ペーパーレス、経理関係ほか)
記事をご覧頂きありがとうございました!
もしこちらの記事が参考になったとお感じいただけたら下の【いいね!】ボタンをクリックしていただけると嬉しいです。