現金主義では青色申告特別控除が10万円分の控除枠のみ

ABOUTこの記事をかいた人

公認会計士・税理士 守屋 冬樹【小規模会社や個人事業主を支援】

家族経営やひとり会社などの小規模な会社経営者さま、フリーランスのお客さまを対象に単発での相談や決算申告のみから対応することに力を入れています。
 詳細プロフィール
 サービス一覧
 私的なプログ

個人事業主の方でfreeeなどのクラウド会計サービスを利用している場合、預金通帳などの口座が取り込まれるため、入出金時のみ意識して登録、記録をつければいいと勘違いをされている方が多いです。

その「現預金の収入や支出のタイミング」の日付で記録を残す入出金ベースでの記録法は現金主義と呼ばれ、会計サービスを利用していても青色申告特別控除が10万円分の控除枠までしか使えないことになっています。

現金主義は青色申告特別控除が10万円分の控除枠になる

まず青色申告特別控除について65万円分の枠が使えるのはいくつかの条件があり、その中のひとつに発生主義というルールで経理を記録していることがあります。

発生主義とはどういうものか?

発生主義は「現預金の収入や支出のタイミング」ではなく、「収入や支出の事実が確定した時点」の日付で記録する方法を使うというもの。

売上であれば未入金の段階でも計上しますし、仕入れや経費であれば支払い義務がある段階で計上することになります。

現金主義とは異なる経理の記録法のため、そのままでは青色申告特別控除は10万円分の控除枠までしか使えないのです。

クラウド会計では基本的に預金の入出金に元づいて経理処理されるため、単に預金の動きだけに基づいて処理をしていると現金主義とみなされる可能性があります。もちろん、売上については請求書、経費についてはカードの利用履歴から取り込み処理している場合については適切に発生主義となるのですが、なかなかそこまで活用されている方は少ないのが現実です。

年度末を挟んだ入出金取引を追加計上、発生主義に修正する

普段から発生主義での経理入力をしようとすると入出金ベースでの記録に比べ入力や検証の手間が増えてしまいます。

しかし、普段は現金主義で取引を記録していても年度末を挟んだ入出金取引だけ別途に追加計上することで、作成する決算書を発生主義ベースのものに変えることが可能です。

省略したやり方となりますが現金主義から発生主義に直す方法を取ることも方法のひとつですよ。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
春アニメの改編期、気になっているのは
Re:ゼロから始める異世界生活

異世界×時間ループの組み合わせ。

今後の展開が楽しみです(^^)

【昨日の一日一新】

ふわもち和むれっとを食べる

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

 

お知らせ
こちらの記事を書いた守屋は東京都の杉並区荻窪で会計事務所を営んでいます。
下記は現在受付をしているサービス一覧となりますので、ご入用の際には是非ご連絡いただければと思います。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査、IT、ペーパーレス、経理関係ほか)
記事をご覧頂きありがとうございました!
もしこちらの記事が参考になったとお感じいただけたら下の【いいね!】ボタンをクリックしていただけると嬉しいです。