申告や納税が間に合わないときは早めに税務署へ相談を!

ABOUTこの記事をかいた人

公認会計士・税理士 守屋 冬樹【小規模会社や個人事業主を支援】

家族経営やひとり会社などの小規模な会社経営者さま、フリーランスのお客さまを対象に単発での相談や決算申告のみから対応することに力を入れています。
 詳細プロフィール
 サービス一覧
 私的なプログ

もし新型コロナの影響で申告や納税が難しいのなら早めに税務署に相談をしておきましょう。税務署も鬼ではありません。

税金の支払いを先延ばし出来ることがあります。

関連:

納税が延期となった税金は個人が申告するものだけ

新たな感染を防ぐために次の税金について申告期限が延長されています。

  • 申告所得税:2020年3月16日⇒2020年4月16日
  • 個人事業者の消費税:2020年3月31日⇒2020年4月16日
  • 贈与税:2020年3月16日⇒2020年4月16日

ただここで注意していただきたいのが個人で計算し、申告する税金に限って延長されている点です。

新型コロナの感染を防ぐための延期ですから預かった税金を納付する源泉所得税や、会社の法人税や消費税の申告・納税などは延期されていません。

国税庁から発表情報

税金の支払いが難しいなら早めに税務署へ電話相談

もし、源泉所得税や会社の法人税・消費税の支払いが難しいのなら納税をする税務署に電話で相談しておきましょう。

期限の延長が認められるケース

  • 感染症にかかってしまった
  • 臨時休校の影響で従業員が休んでいる
  • 感染症を予防するため会社の株主総会を延期させる
  • 保健所などから自粛要請を受けてしまった
  • 自身や税理士が通常通りの仕事ができない

などで申告書や経理が遅れてしまうのであれば納付期限の延長が認められることがあります。

お金が足りず税金が払えない場合も相談出来る

また、新型コロナの影響で飲食店や音楽、舞台などエンタメ関連の仕事をされている方の中には売上が減ってしまい税金を支払うのが難しい状況かと思います。

このようなケースでも、税務署は納税の先延ばしについて相談を受けつけています。

税務署に相談するのは気が引けるかもしれませんが、そのまま放置するのはよくありません。

次のリンク先は国税庁のホームページのリンクとなります。税務署の電話番号を確認して相談をしていただければと。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shirabekata/9200.htm

国税庁から発表情報

お知らせ
こちらの記事を書いた守屋は東京都の杉並区荻窪で会計事務所を営んでいます。
下記は現在受付をしているサービス一覧となりますので、ご入用の際には是非ご連絡いただければと思います。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査、IT、ペーパーレス、経理関係ほか)
記事をご覧頂きありがとうございました!
もしこちらの記事が参考になったとお感じいただけたら下の【いいね!】ボタンをクリックしていただけると嬉しいです。