会社設立時の役員報酬をいくらにするか?後悔しないための決定方法

個人事業から会社設立する際には、自身への給与(役員報酬)をいくらにするか悩んでしまうもの。
そこで今回は、法人成りした際の役員報酬をいくらにするのか、その決定方法についてご紹介します。

役員報酬の金額を決定する際の3つの考え方

ご覧いただきありがとうございます。杉並区荻窪の税理士・公認会計士 守屋冬樹です。

まず役員報酬で注意が必要なのが会社を設立した際の役員報酬については会社設立から3ヶ月以内に、毎月いくらをいつ支払うのかを定款もしくは株主総会の決議で決めておくことが求められています。

この役員報酬の決定方法を定期同額給与というのですが、ここで決めたことは例外的な場合を除いて当面は変更することが出来ないのです。

役員報酬の金額設定は会社のお金の収支だけでなく、役員の生活にも関わってくる重要な論点のため、その金額を決定する際の考え方として次の3つをご紹介します。

  1. 会社と個人両方にバランスを取ってお金を残す
  2. 会社にお金を残す方法
  3. 社長にお金を残す方法

この3つの考え方はどこにお金を残すのかを観点に取り上げていて、この中のいずれかで決めておけば後々になって後悔してしまうことを予防できると考えています。

会社と個人両方にバランスを取ってお金を残す

まず一つ目が会社の決算数値を予測、会社と個人両方にバランスを取ってお金を残す方法です。社会保険料や税金の最小化を意識して役員報酬額を決める際にはこちらを取ることになります。

こちらの決定方法のメリットは社会保険料や税金負担の最小化が図れること。数字に強いロジカルな方だとこちらを取ろうとする傾向が強いのです。ただし、この方法は予測の正確さが重要なのですが、なかなか予測は難しいため現実的にはあまり上手くいくことが少ないのです。

あくまで理屈上は優れている方法で、売上見込が比較的簡単な業種でないと採用は難しいというデメリットがあります。

会社にお金を残す方法

二つ目が会社にお金を残す方法です。取引先や銀行などを意識して決算書の見栄えを良くすることを重視して役員報酬額を決める際にはこちらを取ります。

こちらの方法のメリットとしてはうまくすれば会社を黒字化し、対外的な信用が得られるようになること。決算書からは儲かっている会社と見られるのです。

ただ会社にお金を残すために役員報酬を下げすぎると会社の税金負担は重くなりますし、社長のプライベートで使えるお金が苦しくなってしまいます。
もし設定した給与以上にプライベートでお金が必要になった際に会社の事業資金に手を付けてしまいますと、その手を付けたお金の分は会社の税金計算上は経費にも出来ません。
また、社長個人の税金負担が増える事態にもなりますし、さらに申告書を見れば会社のお金に手を付けていることも分かってしまうので取引銀行からの評価も悪くなってしまう可能性も視ります。

個人にお金を残す

三つ目が個人にお金を残す方法です。
こちらの決定方法のメリットはプライベートで使えるお金から役員報酬を決定するため、自由に使える金額が比較的多くなること。

ひとり社長の会社であっても会社のお金を社長がプライベートで使う訳にはいきません。
会社にお金があっても役員プライベートではお金を使えないのは精神衛生上良くないですし、ご自身の無理のない生活資金を目安にして役員報酬を決めておくことをお勧めしています。

ただこちらの金額の決定方法での気をつけなければいけないのは、会社としての資金繰りについての気配りです。
資本金が少ない状態での会社設立や売上の季節的な変動が激しい見込みがある場合にはお金がゼロ以下にならないように役員報酬を設定しておくことが大切となります。

関連:資本金額決定の注意点、余裕を持った金額にしておこう

まとめ

今回、会社設立時の役員報酬をいくらにするかについて3つの決定方法をご紹介しましたが、私が税理士として会社のスタートアップ時にお勧めする役員報酬の決定方法は最後にあげた社長にお金を残す方法が多いです。
もちろん、役員報酬は社長個人の資金にダイレクトで関わる項目なので、税理士の立場で強く推すことはせず、社長の判断を尊重するようにしております。

役員報酬の金額をいくらにするのか社長のお金に対するスタンスや会社の資本金額、毎月の必要資金なども考慮して決めていくものです。なかなか社長ご自身では判断が難しい問題ですので是非税理士に相談してご検討されてみては如何でしょうか?

サービスメニュー
小規模会社個人事業主の税務顧問
創業時の支援
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
コンサルティング(クラウド会計導入・利用支援など)
講演、記事執筆(法人税や消費税、所得税など)
個別相談
ブログ運営
記事をご覧頂きありがとうございました。 もし良いなと思ったらいいねボタン押していただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です