ぱっと見は出来た感ある決算書…クラウド会計を使っていて感じる検証機能の弱さ

最近感じているのはこの一、二年でクラウド会計サービスを利用している方の決算書や申告書を目にする機会が増えてきたということ。

クラウド会計サービスはインストールする手間もなく、預金やクレジットカード、通販サイトなどの取引と同期出来るので取引の入力が楽ですし、自身としても会計データのやりとりがなくなるなど業務上の恩恵も受けています。

しかし、クラウド会計サービスはぱっと見は出来た感がある決算書になっているのですが、実は経理が分かっている人が見たらこの決算書は大丈夫なのか?と不安になるような惨状を目にすることも多いので危ういなとも感じているのですよ。

クラウド会計は決算書の検証機能が弱い

クラウド会計のサービスの問題点は経理について知らない方でも対応出来る様、入力が楽な形になっている分、入力後の数値を検証する機能が弱いことです。

例えば

  • 決算日時点での預金残高と経理残高のズレ
  • 通常プラス残高となる資産、負債、損益勘定のマイナス残高
  • 青色申告なのに前年数値の繰り越しが間違っている(某M社に頻発)

など決算書の検証機能としてエラー表示をしてくれても良いのではと感じます…

決算書をチェックする中でこういった点を一つずつ解消していくのですが銀行や通販、各種サービスと連携できる技術力を持っている企業であれば、これくらいのことはクラウド会計サービスの中で実装出来ていそうなものです。

ユーザーの快適さを重視すれば検証機能は省かれる

ただ結局のところ、お金を払ってクラウド会計サービスを使うのは経理の経験が無い方がほとんどで、作成された決算書が間違っているとエラー表示がいくつも出るようなサービスであればユーザーは拒否反応を示し離れてしまうでしょう。

クラウド会計サービスの会社としては、合っている決算書を作成出来るように検証機能を追加するよりも、細かいことは置いておいてクリックひとつで入力出来るユーザーの快適さを優先する姿勢も理解できるのです。

せめて複式簿記なら去年の数字を必ず引き継いで

そうは言っても裾野の広い会計ソフトなのだからシステムで固めておいて欲しいと感じてしまったのは某M社の数字の繰り越し機能。

複式簿記を使っているはずの決算書で去年の数字が引き継がれていないことや整合性が取れていない状態で突き進めてしまうのはどうなのでしょうか?これまでの数字をばっさり無かったことにしつつ決算書を作れても2期目以降は意味不明な数字となるのです…(^^;)

継続して関与していなかったお客様の申告業務は、去年の数字を引き継がれていない状態が多いです。

過去の決算書自体も不可思議な数字となってしまっていることも多くAIの利便性を使いこなしたい経理人としては残念で仕方がないのですよ。

なおアイキャッチはあくまでイメージ画像でして、モザイクの向こう側の企業様へ特段他意はございません。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
【編集後記】
昨日は事務所にこもり確定申告案件の一日。
仕訳を検証してまとめて仕訳修正を繰り返すなど

クラウド会計は金太郎飴の様に定型的な入力になるので
パターン押さえるのがキモですね!

【昨日の一日一新】
Androidアプリ Streaks

一日一新のきっかけはこちら→一日一新