確定申告が終わったら締め処理を行おう MFクラウド・freeeでの行い方

確定申告書の提出が終わったら経理の締め処理を行っておくことが必要となります。

今回は経理の締め処理とどういうものなのか、MFクラウド確定申告とfreeeでの経理の締め処理の手順についてご紹介します。

確定申告を終えたらその年の経理入力を出来ないようにしておこう

3月に差し掛かる時期になり、そろそろ既に確定申告の対応を終えてひと安心されている方も多いのではないでしょうか?

ただ確定申告書を提出したことだけで気を抜かず、申告書を提出した年度の経理を確定させるために、きちんと経理の締め処理をやっておきましょう。

特に経理の知識はなくクラウド会計を使って経理入力、確定申告をしたという方は締め処理の意味を知らずに放置されているのではと感じてしまうことが多いのです。

経理の締め処理とは?

経理の締め処理とは次の2つことを意味しています。

  1. 申告をした翌年に経理データを引き継ぐこと
  2. 既に申告をした年度には追加で取引を入力出来ないように入力を制限すること

実はこの対応をやっていないと、提出済みの経理データに追加入力が出来てしまうことや、翌年の経理の数字が引き継がれない状態で開始されてしまうのです。

締め処理を行っていない経理データは注意をしていても誤入力を起こしてしまいがちですし、前年の数値を引き継いでいなければ翌年の決算書は間違ったものになってしまいます。

具体的な締め処理の方法は利用している会計ソフトやサービスによって異なりますが、今回はクラウド会計のMFクラウド確定申告とfreeeでの締め処理の手順について解説します。

MFクラウド確定申告での経理の締め処理の手順

MFクラウド確定申告での経理の締め処理の手順としては、まず左側にあるメニューの【決算・申告】から【次年度繰越】を選択。

スクリーンショット 2017 02 28 20 55 23

 

次年度に引き継ぐデータとして【期末残高】、【固定資産台帳】、【家事按分】にチェックが入れ

スクリーンショット 2017 02 28 21 01 54

 

期末残高の【この会計期間の期末までの仕訳入力を制限する】にチェック。

スクリーンショット 2017 02 28 21 02 07

 

【確定して移動】ボタンを押せば締め処理が完了します。

freeeでの経理の締め処理の手順

freeeでの経理の締め処理の手順としては、まず上のメニューの【確定申告】から【年度締め】を選択。

スクリーンショット 2017 02 28 19 19 42

 

確定したい年度(今回は2016年のもの)の【20○○年度を確定する】をクリック。
スクリーンショット 2017 02 28 19 19 32

ボックスが表示され、年度の確定と翌期に繰り越されることの確認が求められるので【OK】を押せば完了となります。

スクリーンショット 2017 02 28 19 19 59

まとめ

今回は締め処理の解説とMFクラウド確定申告とfreeeでの締め処理の手順をご紹介しました。ぜひ確定申告書を提出し終わったら経理の締め処理も忘れずに行う様にしておきましょう。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
昨日は経理資料をチェック初日。
今週何日か掛けて終わらせていきます。

【昨日の一日一新】

OyaMozc for Android

一日一新のきっかけはこちら→一日一新